奈良県奈良市 | 企業と女性専門家のビジネスマッチングをお手伝いします。奈良で地元の専門家・ビジネスパートナー・業務委託を探すなら | Bloom(ブルーム) by WFC(ウィメンズフューチャーセンター)

Bloom

閉じる

投稿者

遠藤 京子

ライター

遠藤 京子

4人の子どもたちの子育てに奮闘中のおかんライター。 動物の専門学校を卒業後、アニマルナース・家畜人工授精師の資格を取得。 犬・インコ・りす・うさぎ、実習では牛・馬・大型インコ・フラミンゴなど、飼育した動物は数知れず…。 土日は子どもたちのスポーツを応援しながら、ペット・子育ての記事を中心に幅広く執筆中。

Web: 

オスなのか?メスなのか?

2018.06.08

こんにちは。ライターの遠藤京子です。
Webでは『おきょうさん』のペンネームで活動させていただいております。

 

さて、わたしの得意とする分野のひとつがペットです。
わがやでも最近、セキセイインコを飼い始めました。

 

鳥って子どもの頃は性別がわからないって知っていますか?
『ひよこ鑑定士』なんていう職業があるほど、鳥の性別を判断するのは難しいのです。

ペットショップでも、『性別不明』として販売されていることが多いです。

 

セキセイインコの場合、クチバシの上のろう膜の色で判断します。
ろう膜の色が青く濃い色だとオス、白っぽい色だとメスとなります。

また、オスの方がおしゃべり上手でもあります。

 

でも、生後2~3ヶ月頃まではオスメスともにピンクっぽい色をしているので判断がとても難しいのです。

さて、わがやのインコはというと…
生後3ヶ月、ろう膜は白っぽい気がします。
おしゃべりはまだしません。

 

メスっぽいけど、はっきりしない。もやもやとした感じです。
どっちだろうな~と待ちわびる気持ちはわが子を授かったときと変わらないのです。

そして、オスメスどちらであってもかわいい家族の一員であることは間違いありません。

 

そんな犬・うさぎ・インコなどのペットの豆知識を中心に、子育ての記事なども執筆中です。