奈良県奈良市 | 企業と女性専門家のビジネスマッチングをお手伝いします。奈良で地元の専門家・ビジネスパートナー・業務委託を探すなら | Bloom(ブルーム) by WFC(ウィメンズフューチャーセンター)

Bloom

閉じる

投稿者

北浦ゆかり

理学療法士/ピラティスインストラクター

北浦ゆかり

解剖学、生理学、運動学などの知識と経験をもとに、お一人お一人にあった運動やピラティスなどのトレーニングをお伝えしています。妊娠や出産で弱化した骨盤底筋のケアや、腰痛や肩こりなどの改善、怪我をしにくい身体づくりを目指します。

Web:  https://karadapedia.com/

ピラティスがいいなと思う理由。

2018.10.10

bloom会員の北浦ゆかりです。

 

 

自己紹介すると必ずと言ってもいいほど、「ピラティスって何?」と質問されます。

 

ピラティスは、ドイツ人のジョセフ・ピラティス氏によって開発され、負傷した兵士のリハビリとして行われたのが始まりです。

その後、ダンサーやバレリーナの間で広まり、アスリートのトレーニングにも使われています。

そのため、運動の負荷を軽くしたり、重くしたりと、調整ができます。

 

 

私がピラティスを体験した時に感じた変化をお伝えします。

(体験した時は、膝の半月板を損傷したあと、やっと普通に歩けるようになった頃です。)

 

・姿勢が変わった

・肩こりがスッキリした

・階段を降りるときの膝の痛みが減った

・肋骨の位置がかわり、お腹周りがスッキリした

・呼吸がしやすくなった

・気持ちがスッキリした

 

ピラティスでは、理想的からだの使い方を意識してエクササイズをします。

体幹を鍛えることができ、姿勢と身体の使い方が変化し、動作時の痛みが減りました。

体幹の筋肉が働きやすくなり、お腹周りがスッキリした感じが出ました。

 

ヨガでは腹式呼吸、ピラティスでは胸式呼吸を使います。

胸式呼吸は、交感神経を優位にしますので、ヨガのようなリラックスした状態とは違い、身体はイキイキとし、やる気が出やすくなったりします。

 

ピラティスでは、体幹を鍛えて姿勢などの身体の変化と、気持ちの変化が得られる所がいいなと思います。

 

 

毎月、身体に携わる仕事をしているメンバー3人でからだカフェを開催しています。

9月は『ピラティスのグループレッスン』を行い、10月は『からだスッキリ姿勢矯正レッスン』です!

涼しくなり、身体を動かしやすい季節です。

一緒に楽しみませんか?

https://www.facebook.com/events/320878418467143/?ti=icl