業務委託・ビジネスマッチングで企業と女性の仕事を応援。奈良で地元の専門家・ビジネスパートナーを探すならBloomにお任せ!

Bloom

Menu

赤松邦子

NPO法人パパちから応援隊 理事長

子育て支援・家族関係セミナー講師 赤松邦子さん

子育てや家族関係、地域コミュニティについてのセミナーや講演が主な仕事です。パパやママ向けに子育て講座、パパのワークライフバランスについての振り返り講座、子育て支援者向けのスキルアップ、親子つながりあそびセミナーの講師をしています。子どもとのかかわり方・夫婦や家族・子育て支援・住民主体の地域づくりなどがテーマです。


奈良県で『なら子育て応援団』団長としても活躍する赤松さんは、子育て支援といえば「赤松さん」と名前が出るほどの有名人。長年のママ支援からパパ支援、祖父母支援に時代の変化とともに広がり、今では地域を巻き込んだ居場所づくりまでおこなっています。そんな赤松さんにボランティアから仕事につなげていったお話をお聞きしました。

【自分らしい仕事にたどり着くまで】「地域を巻き込んだ居場所づくりから講師へ」

結婚前は、幼稚園の教諭として働いていました。結婚後、専業主婦となり子育てに専念。幼稚園教諭と子育ての両方の経験を生かし、親子あそびをボランティアでやりはじめました。その中で、一時的な遊びの提供だけでは、ママのしんどさは、ちっとも減らないことに気づいたんです。
そこで、当時子育て支援について自治体事業が皆無だったこともあって、行政の生涯学習公民館教室に年間自主企画として持ち込み、講師としてやらせてもらいました。具体的には、月に2回のうち1回は親子あそび、1回は託児付きのママセミナーです。セミナーの内容は子育てだけではなく、趣味講座、健康美容講座、コミュニケーション講座など。
自分たちの人生を楽しむための時間やスキルアップになることでママたちがいきいきと主体的に動く姿が見られ、私はコレだ!とやりがいを感じ、‘子育て支援は親支援’の方向に軸足を置くようになりました。勉強する中でファシリテーターという役割を知り、自分の持っている知識やアクティビティを組み合わせた講座を開発し、現在、自治体などから講座依頼を受けて講師の仕事をしております。

【独りで立つまで】「やりたいことに支払いを要求することへの気持ちの葛藤」

当初一番に悩んだのが、やりたいことに支払いを要求することへの気持ちの葛藤があったことです。それまで、ボランティアでやってきたので、それにお金をもらうことに抵抗がありました。参加されるママたちには無料で参加できるように、行政や民間の助成金をもらうための申請書作りや、講演活動や自治体へ売り込みすることに時間を割いたりしている間に、原点のボランティア活動のママたちとの時間が減っていったことにもジレンマを感じました。
今では、多様化するママたちの個別ニーズも多くなり独自の視点で支援していくようにしています。

【仕事の秘訣】「苦い経験もありました。やめる選択をしなかった自分にオッケーをだしてあげたい」

新聞やテレビなどのメディアに載ることやコラムを出したり、SNSやホームページなどでの発信が自分の仕事につながっていると感じています。好きな仕事だけを選べるのは夫の理解があるからこそと、家庭を大切にしながらやってきました。子どもが16時に帰ってくるとなったら、そこまでがリミットとし切り上げて帰ることもコツかと。一方で熱を出している子どもを置いて、どうしても外せないボランティア活動をした苦い経験もあります。「自分だけにしかできないことなのか?」と自問したり、「こんな母親を子どもや世間にはどううつっているんだろう?」と怖くなったことも。
やめる選択はできたのに続けてきたということは、私しかいないとか、社会のためだとかカッコつけないでつまりは自分がやりたかったからなんだと腑に落としています。転んだり停滞したりして悩みつつも前進してきたことは、現在の仕事に大いに生かさなければと考えています。それが私の使命なんだと!

一日のタイムスケジュール

6:00 起床・朝食、家事
6:30 家事をしながらSNSのチェックや新聞チェック
9:00 講座の仕事・私的活動(家事 ジム通い 趣味 ボランティア活動)
17:00 夕食の支度しながら、デスクワーク
19:00 夫と夕食、ワインを楽しむことも
21:00 講座準備 資料作り 
23:30 就寝

「これから何かをやってみたい」という方に伝えたいこと

働くだけではなく、何か社会活動を始める前に準備することって実はたくさんあります。子どもが園に通うようになったらやろうと思っているのであれば、子どもが傍にいる間だからこそ準備してほしい。家族・家庭のことなどを考える機会を作って欲しいと思っていますが、独りで考えたり時間を作ったりするのは難しいですよね。WFC主催の「いずれ働きたいママ講座」では時間の使い方や協力をもらう家族とのコミュニケーションなど働く前から整えておくと働きだしてからスムーズになります。今の眼の前のことでいっぱいになりがちですが、2~5年など少し先を見通して、‘私の棚卸しをしてほしいと思います。

プロフィール

赤松邦子

NPO法人パパちから応援隊 理事長

赤松邦子

1959年生まれ 幼稚園教諭を経て結婚。
二人の娘もすでに結婚、現在は夫と二人暮らし。
2016年には初孫も。
1996年-平群町で子育て支援グループ「へぐりCO育てネット」創立。
自治体との協働の先駆けとして注目される。
2005年より-奈良県「なら子育て応援団長」を拝命 
2009年-「NPO法人 パパちから応援隊」理事長を務める。
さまざまな視点から子育て支援事業を展開中。
参加者交流型の講座に力を入れる。

赤松邦子さんの最近の記事

赤松邦子さんの記事一覧

聞き手

栗本 恭子

代表取締役

栗本 恭子

フリーライター。
ウェブデザイナー。
なら子育てネットワーク元代表 現事務局長。
NPO法人パパちから応援隊理事。
1970 年東京生まれ。父親の転勤で幼少は静岡で育ち、短大入学時に家族で奈良在住に。卒業後生命保険会社の営業職に従事。結婚と同時に転職し、営業、事務の仕事を経て出産を機に退職、専業主婦に。長男を出産後、子育てサークルの運営に関わり、奈良市内の子育てサークルをつなぐ「なら子育てネットワーク」立上げメンバーとしてサークル支援に奔走。
同時にフリーライターとして在宅でテレワークを行う。リーマンショック後、仕事がなくなり専門学校に入り直す。卒業後Web デザイナーとして活動を始める。2014 年6 月女性起業支援・子育て女性支援を行う株式会社Women’sFuture Center を設立。JR 奈良駅徒歩2 分のところでキッズスペース付コワーキングスペースを運営。女性ネットワークを作り現在400 人以上の会員を要す。
2016 年女性起業家応援プロジェクトLED 関西。
ファイナリスト。3 児の母。

栗本 恭子の最近の記事

栗本 恭子の記事一覧