業務委託・ビジネスマッチングで企業と女性の仕事を応援。奈良で地元の専門家・ビジネスパートナーを探すならBloomにお任せ!

Bloom

Menu

高橋紀子

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント〜高橋紀子さん〜イキイキ働く人と組織を作りたい!

キャリアコンサルタント、イキイキ働く人と企業を作りたい!


「BLOOMメンバーへのインタビュー企画」今年のインタビュアーは池内詠子。フリーアナウンサー・司会者として様々なジャンルの方々にインタビューをしてきた私、キャリアコンサルタントとしても多くの方々に話を聴いてきた。そんな私が、働く女性たちに仕事の話はもちろん、生き方、家族、心の声、夢、リアルな本音に迫ってみる。

高橋紀子さんにはチラリとお会いしたこともあったが、じっくりお話しするのは今回が初めて。zoomでのインタビューとなった。

第30回 キャリアコンサルタント・組織設計プランナー 高橋紀子さん

まずは紀子さんの“今”からうかがった。

現在の活動

企業では、人事に関わるコンサルを行なっている。人の定着・採用・育成・活性化のコンサルティングが基本。それに加え、研修、個別面談など、企業により関わり方は異なってくる。

また自治体の年間の事業を受託して運営している。ワークライフバランス、働き方の見直しに関するテーマが多く、内容によりセミナーをしたり、専門家として訪問することもある。

大学や専門学校では、学生が社会に出る前の、社会人基礎力講座のカリキュラムを考え、授業を実施。また学生募集の仕掛けを考案している。

他にも、研修の企画・運営、もちろん実際に講師としても出向く。またキャリアコンサルタントとしてキャリア相談など。

そして紀子さんがライフワークと捉えているのが子育てママを応援することだ。ブランクのある方の後押しをし、社会進出を促す。

学生時代、キャリアのスタート期

小学校の時は童話作家になりたかった。人生で一番本を読んでいた時期だったという。

大学では社会学・心理学を学んだ。当時も今も、学ぶことが好き、新しいことを吸収するのが好き。わからないことをそのままで放置できない。

今の紀子さんからは、少し意外だが、学生時代には、バックパッカーでひと月くらい海外を放浪していた経験もあるんだそうだ。

卒業後、株式会社リクルートに就職、広告事業部で採用広告の営業に就いた。そして入社して4年半経った頃、社内結婚し退職、大阪から奈良に移った。

 

結婚後、それまではできなかった習い事を楽しみ、ご主人とあちこち旅行もした。進学塾の事務に携わり、英会話教室を立ち上げる準備に関わった。カリキュラムを考え、子ども向けの教材を選出、外国人教師を探し、プログラムを考えた。2年半ほどして妊娠し、ここからしばらく専業主婦となる。

専業主婦でいるつもりだったそうだ。“めちゃめちゃ働いたから、もういい。”そんな気持ちだった。子育てに夢中で、もう一度働きたくなるとは思わなかった。育児サークルではママ友と楽しく過ごしていた。

そんなある日、リクルート時代の仲間がパソコン教室を立ち上げたというのを聞き、見学に行った。

 

仕事復帰

 なんかやりたいな・・・仕事をしたいな・・・” もともと文章を書くことが好きだったので、フリーライターをイメージし、コピーライティングをしてみようと考えた。下のお嬢さんが3歳の時に仕事に復帰した。

 

ブランクのあることを気にしていたが、最初に手がけたリライトの仕事の評価が高く、やっていけそうかな、と感じた。続いて、子育てサイトのコンテンツを考える仕事、企業の顧客向け情報誌編集の仕事を依頼された。

子育てサイトの仕事のために、妊産婦さんに取材に行き、悩みを聞いた。将来に対する不安が多く、見えない不安が一番大きな不安だと知る。紀子さんはもともと相談を受けやすいタイプ、それも結構深い相談。妊産婦さんの悩みを聴きながら、自身の“話を聴ける”という強みを再認識。

ちょうどその頃、キャリアカウンセラー(現在の国家資格キャリアコンサルタント)という仕事を知り、CDA(キャリアデベロップメントアドバイザー)の資格を取得。大学のキャリアセンターで働き始めた。同時にポリテクセンターで、求職者と仕事とのマッチングの職に就き、現場で仕事をしながら学ぶ環境を得た。

ここからの紀子さんは、何かを始めるとそこからまた何かが広がる、ということの繰り返しになっていく。講師をやってみない?と言われ、セミナーをすると、また次の依頼がきた。

学ぶことは常に続けていた。メンタルヘルス・交流分析・MBTI認定ユーザー・ワークライフバランスのコンサル・・・必要だと感じた資格はどんどん学んで取得した。世の中の動向・ニーズを常に意識しながら新しいものを身につけていった。

紀子さんにご自身のことを分析してもらうと “飽きっぽいけど、根気がある、中途半端がダメ。” 同じことをずっとしていると自分が停滞している気がする、他の人がしていないことを、自分にしかできないことを考え、コンテンツを作る。PDCAを常に意識し、地道にコツコツやってみて、また考えてやる、その繰り返しをしているのだと話す。

 

趣味は、家にずっといること、お友達と喋ること、旅行すること。

そして演劇。大学時代から演劇が好きで、現在も小劇場の演劇、誰も知らないような演劇を楽しむ。狂言も好きだという。

 

最後に、これから仕事をしたいけれど、何をすれば良いのかわからない女性へのアドバイスを訊ねた。

①自分が本当にやりたいこと。

②少しでも経験があってやれること。

③働く場所や時間、収入などの条件面

この3つの視点で考えてほしい、と。「〇〇すべき」「きっと無理」「自分なんて」といった考えは横に置き、とにかく①を自分に問いかけることから始めてほしい、見えない壁を自分で作らずに、ちょっと離れたところから自分を俯瞰で見て、視野を広げてみたら、いろんな可能性が見えてくる、そのお手伝いをしたい、と語った。

紀子さんご自身は、これからは少し力を抜き、人と同じことでも自分らしくやることを大切にしたい、という。ゼロから生み出すことも、今あるものを自分らしくアレンジすることも、どちらもクリエイティブだと思えるようになった、と。

 

高橋紀子さんリンク

ホームページ

高橋紀子さんFacebook

 

池内後記

集中力を持ち合わせていること、そして努力ができるということは、その人の能力であると常々感じている。思いはあるものの、何かにチャレンジしては挫折するという経験、誰しもが経験することなのではないかと思う・・・だが、紀子さんは!! 尊敬を通り越してしまうレベルである。

学びの途中の資格、読んでいる途中の数冊の本・・・それらを思い浮かべながら紀子さんのお話を聴いていた。今度お会いする時には、集中力を高めるにはどうすれば良いのかを伺ってみよう。

プロフィール

高橋紀子

キャリアコンサルタント

高橋紀子

会社員→パート→専業主婦→そして現在はフリーランスとしてキャリアコンサルティングの仕事(企画、企業コンサル、講師、カウンセリングなど)をしています。さまざまな方と出会い、いろいろな仕事をする中で思うことは、「主婦力は働く上で強みになる」ということ。子育てや家事など、突発的に起こる予測不可能なことに日々対応していて、しかもマニュアルなんてないのですから、それはすごい能力です。でも、一人ひとりがそんな素晴らしさを必ず持っているのに、当の本人は気づいていない場合がよくあります。それを再発見していただき、自信を持って仕事に取り組んでいただけるようなお手伝いをしたいと思っています。私自身も経験した「ブランクからの一歩」や「新しいことへのチャレンジ」を全力で応援します!

高橋紀子さんの最近の記事

高橋紀子さんの記事一覧

聞き手

池内詠子

司会者・キャリアコンサルタント・講師

池内詠子

お天気お姉さんからキャリアをスタート、子育て期を経て司会者として復帰。話し方の指導、コミュニケーション強化の指導をはじめ、キャリアコンサルタントの資格を取得。二人の娘たちはすでに社会人。これからは働く女性たち、ママたちを応援していくのが夢です。表情や話し方、声の出し方で損をすることがないよう、レッスンしています。自信を持って、仕事をし、地域に関わり、子育てを楽しみながら社会で輝く存在になってもらえるようサポートをしていきたいと思っています。趣味は自然の中で、緑の中で過ごすこと。山歩きをしたり、里山の風景を楽しんでいます。美術館を巡ったり、おしゃれ談義をすることも好きです。

池内詠子の最近の記事

池内詠子の記事一覧