業務委託・ビジネスマッチングで企業と女性の仕事を応援。奈良で地元の専門家・ビジネスパートナーを探すならBloomにお任せ!

Bloom

Menu

北浦 侑花里

理学療法士/ピラティスインストラクター

理学療法士・産後ママのからだケア からだペディア主宰 北浦ゆかり(きたうらゆかり)さん

産後の体ケアをしています。
妊娠・出産をするとお腹回りや骨盤底筋が弱くなり、マイナートラブルといって、腰痛や尿もれ、恥骨や尾骨の痛みが出やすくなるので、それのケアをしています。
具体的には、体の状態をみて、骨盤回りのズレを確認、その方にあったトレーニングを個別にお伝えしています。ママさんたちの中には、全体の筋力が弱い方などもいて、生活習慣のアドバイスやストレッチ、トレーニングを個別に行っています。


WFCで定期的に開催されている「からだカフェ」のメンバーである北浦さん。いつも明るく元気で、骨盤底筋の緩みなどで女性が抱える、人には言いづらいことも、北浦さんには、安心して相談ができます。トレーニングにピラティスを取り入れるなど勉強熱心で、知識の広さには驚かせられます。

【自分らしい仕事にたどり着くまで】「自分の辛かった妊娠・出産後の経験。同じ悩みの人の力になりたい。」

理学療法士として、病院の中や自宅への訪問などで、骨折した高齢者の方や脳梗塞の方のリハビリをやっていました。自分が妊娠・出産をした時にマイナートラブルを抱えて、恥骨、腰痛の痛みを抱えるように。いろいろ調べていた中でウィメンズヘルスを知り、勉強するようになり、痛みを克服することができました。理学療法士として学んだ運動学、生理学、解剖学などの知識とマイナートラブルの経験を通して、同じように悩んでいる人の力になりたいと思うようになりました。

【独りで立つまで】「赤ちゃんがいても学びたい!家族の助けで託児付き講座へ」

ウィメンズヘルスを勉強したくても子どもが生まれたばかり。授乳中の赤ちゃんを育てている身としては県外の学会などに行きにくく、どうやって勉強していこうかということに悩みました。
生後半年ぐらいで、授乳しながらでも、半日ならいけるかな〜?というところで、旦那さんに素直に話をしてみました。そうしたら理解をしてくれ、行かせてもらえることに。帰ってから聞いたら「泣いて大変だったよ。」と。子どもが成長してからは、半日だけの託児付き講習を選んで行くようになりました。
理学療法士として、高齢者と接することが多かったのですが、ウィメンズヘルスは若い女性が多いので、トレーニングの幅を広げるためにピラティスを習いに行ったりしました。産後間もない人にお腹の使い方が下手で、姿勢を良くしたら体も楽になるのにと思う方が多くいますね。

【仕事の秘訣】「一回一回を大事にする」

一回一回を大事にすることです。難しいのですが、痛みの原因がどこからきているのかをキチンと見られるように一回目の時に体の症状を見落とさないようにしています。その場ですぐ改善することがあれば、仮説通りに行かない場合もあります。そんな時は家に帰って、いろいろなシュミレーションをして、こうやればよかったと気づくことも。
私のモチベーションがあがるのは、お客様との触れ合いと、研修などで知識を得て、それを実践する中で、結果が出た時です。その場で結果が出せるようにがんばりたいですね。

一日のタイムスケジュール

6:30 起床・準備・朝食
7:30 出勤
9:00 パート
12:00 昼食
13:00 産後ケアの仕事
16:30 保育園へお迎え
21:00 子どもを寝かしつけ・就寝

「これから何かをやってみたい」という方に伝えたいこと

産後ケアの仕事をやるまえの不安や緊張の方が多くて、スタートしたら楽しいことの方が多かったです。私もスタートして手探り状態が続いていますが、これから何かを目指す人と一緒に面白いことがやれたらいいなと思います。

プロフィール

北浦 侑花里

理学療法士/ピラティスインストラクター

北浦 侑花里

解剖学、生理学、運動学などの知識と経験をもとに、お一人お一人にあった運動やピラティスなどのトレーニングをお伝えしています。妊娠や出産で弱化した骨盤底筋のケアや、腰痛や肩こりなどの改善、怪我をしにくい身体づくりを目指します。

北浦 侑花里さんの最近の記事

北浦 侑花里さんの記事一覧

聞き手

栗本 恭子

代表取締役

栗本 恭子

フリーライター。
ウェブデザイナー。
なら子育てネットワーク元代表 現事務局長。
NPO法人パパちから応援隊理事。
1970 年東京生まれ。父親の転勤で幼少は静岡で育ち、短大入学時に家族で奈良在住に。卒業後生命保険会社の営業職に従事。結婚と同時に転職し、営業、事務の仕事を経て出産を機に退職、専業主婦に。長男を出産後、子育てサークルの運営に関わり、奈良市内の子育てサークルをつなぐ「なら子育てネットワーク」立上げメンバーとしてサークル支援に奔走。
同時にフリーライターとして在宅でテレワークを行う。リーマンショック後、仕事がなくなり専門学校に入り直す。卒業後Web デザイナーとして活動を始める。2014 年6 月女性起業支援・子育て女性支援を行う株式会社Women’sFuture Center を設立。JR 奈良駅徒歩2 分のところでキッズスペース付コワーキングスペースを運営。女性ネットワークを作り現在400 人以上の会員を要す。
2016 年女性起業家応援プロジェクトLED 関西。
ファイナリスト。3 児の母。

栗本 恭子の最近の記事

栗本 恭子の記事一覧